初心者用オカリナをお探しの方。初心者や子供でも吹ける初心者用オカリナ/セラリーナ専門店。夏休みなど親子で楽しめる工作キットなど、安心品質のスエラボ工房

SUELABOのひとり言(毎週金曜日更新)

オカリナ&セラリーナ情報

SUERABOにとっての理想の歌口サイズ

前回・・・ 製作する上で「どちらかを優先すれば、どちらかが後回しになる」ということはよくあることなのですが 「高音を出しやすくすると、低音が出しにくくなる」息づかいになることがあります。   ここから 低音が吹 …

6mmと8mmの違いから考察⑤ 「5mmにしたら」

更新が遅くなり申し訳ございません。 前回、「息をできるだけ絞って細くだすのは、決して自然体とはいえませんよね。(ここまで息を細くすれば音はなりますが・・) それを考慮すると歌口のサイズは6mmが限度でした。ですが、5mm …

6mmと8mmの違いから考察④ 「5mmにしたら」

以前、『6mmと8mmの違いから考察②』でこんな事を記載しました。 「息を効率よく(出したい)音に還元できないと、息が雑音”シュ~”が入ってきます。そうならないためには「エッジまでの距離」と「息のスピード(量)」が関係し …

6mmと8mmの違いから考察③ 「息と音の関係」

(出したい)音に対し、息がどのくらい必要なのか。ここがとても重要です。   ここから 前回、息の“シュ~”という雑音は「エッジまでの距離」と「息のスピード(量)」が関係していると書きました。(オカリナの内側の体 …

6mmと8mmの違いから考察② 「息のシュ~について」

①8mmの歌口、②6mmの歌口、どちらがよい音がなるでしょうか。   ここから       正解は②になります。(SUELABOが独自で試験をした結果で書いています)   …

6mmと8mmの違いから考察①

歌口のエッジにどうやって息を当てるのか。 この感覚をイメージできる方でないと6mmの歌口のオカリナ・セラリーナを吹きこなすことは大変難しいとおもわれます。言い換えると、強く息を吹きこんで演奏する奏者ではなく、口の中で息を …

6mmの歌口のよいところ

私たちは実験(歌口のサイズを8mm、7mm、6mmで変えてみる)をする前に結果についてある程度「こうなるんじゃないかなぁ」と想定してました。そしてそれはあながち間違っていなかったのですが、それ以上に分かったことが物凄くた …

7mmの歌口の結論

7mmの歌口のサイズの検証の結果(8mmとの比較) (SUELABO基準の息使いで正しい音を出すためには→以前の記事) 息を強く吹く必要もなく、音を伸ばしても音が下がることがないのでキレイな音の余韻も感じることができるの …

オカリナの歌口(7mm)

音の伸びと余韻について

7mmの歌口はSUELABOが演奏する上で基本としているリコーダーの息遣いにとても似ています。この息遣いで演奏できるのであればお子さんや女性の方でも吹きやすいと言えます。 ここらか。 今回は音の伸びや余韻について、「ド」 …

7mmの歌口のよいところ

私たちは実験(歌口のサイズを8mm、7mm、6mmで変えてみる)をする前に結果についてある程度「こうなるんじゃないかなぁ」と想定してました。そしてそれはあながち間違っていなかったのですが、それ以上に分かったことが物凄くた …

オカリナの歌口(7mm)
1 2 3 5 »
PAGETOP